・ソ アパートを所有したときの生命保険

アパートを所有したときの生命保険

ローンを組んでアパートを所有し、経営を始めたときには、生命保険を見直すのも良い方法です。

多くの人が生命保険に加入していると思いますが、アパートを所有していれば必要なくなる可能性があります。



解約する人もいますし、保障を少し薄くして保険料を抑える人もいます。



その訳は、生命保険が必要なくなるケースがあるからです。
そもそも、生命保険は何のために加入しているのでしょうか。


補償型の生命保険の場合、死亡した時に給付金を得ることができます。

死亡した時には残された家族が生活に困ってしまいますが、給付金を得ることができれば生活をしていくことができるでしょう。

そのために加入している人は多くいます。

また、貯蓄型の生命保険に加入する人は、老後のための資産形成を目的としていることが多いです。

アパート経営をすれば、これらの目的が達成される見込みが高いです。

ローンを組んでアパートを購入し、そしてその後に死亡した場合には、団体信用生命保険によってローンはなくなります。

ローンはなくなりますが、収益を生み出す資産は残っていますから、それによって生活を送ることができるでしょう。

エキサイトニュースの情報がわかりやすく紹介されています。

また、長生きした場合でも、収益を生み出す物件がありますから、その後はそれによって生活をしていくことができると考えられます。

このように、アパートを所有すれば万が一の時にもなんとかなりますし、老後の生活もなんとかなるでしょう。


それを考えれば、生命保険に加入する意味が薄れてくると考えられます。