・ソ 正しい認識を持って親知らずに対応する

正しい認識を持って親知らずに対応する

歯を抜くときは痛くて腫れるイメージを持った人が多く、親知らずが生えてきても放置している人も大勢いますが、将来的にリスクになる場合があるため、抜く抜かないにかかわらず一度診てもらうため歯科医に行くべきです。

まっすぐ綺麗に生えていて、他の歯にも悪影響がなくプラークコントロールができる状況であれば、親知らずでも抜く必要がありません。

@niftyニュースに関する情報が満載です。

きれいに生えていると痛みが起きることも少ないため、普通の歯と同様な取り扱いが可能です。

斜めや横に生えていたり、虫歯や歯周病になっているとき、隣の歯に影響を与えている時などは抜歯する必要が出てきますが、麻酔コントロールにより痛みを感じにくくすることは可能で、抜歯後の腫れも必ず起きるものではなく、それほど腫れない人が多いほどですから不安に考えすぎるのもよくありません。



抜歯後にきちんとした対応を行うことが重要で、稀に上手く抜いた跡がふさがらない人もいるため、経過観察も重要になります。

食べ物などで激痛が起きたり細菌感染のリスクが高まるので、抜歯後も油断しないことが肝心です。



親知らずを抜歯しても神経細胞は残しておく病院がありますが、この神経からiPS細胞を作ることができるためで、再生医療に利用することができて、様々な臓器などを作る際に役立ちます。
抜糸にかかる費用はそれほど高いものではなく、よほど難症例でなければ埋まっている親知らずでも数千円程度で取り除くことが可能です。

CT検査や術後のケアのための通院、薬などの費用がプラスされます。